脱毛器おすすめ|脱毛器人気ランキングはこちら! |

脱毛器おすすめランキング!

脱毛器おすすめランキング

人気のあるおすすめ脱毛器をランキング形式で紹介しています。

家庭用の脱毛器は、自宅にいながら簡単に脱毛効果を実感できるお手軽さから非常に人気があります。

人気のある脱毛器は効果があり、多くの人気メーカー、ケノン・パナソニック・ブラウン・トリア・ヤーマンなど、市販・通販問わず楽天やamazonからも発売されています。

「脱毛器のおすすめは?」と、購入する前は本当に迷ってしまいますよね。

また、フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器など、選び方や使い方に困ってしまうことも。

髭(ヒゲ)・ワキ毛・胸毛・顔・デリケートゾーン(vio)など、どの脱毛器がおすすめなのか?選び方の基準が分かれば参考になり助かります。

このブログは、男性や女性、学生(中学生・高校生)など、幅広い人が迷わないように選び方や使い方、価格や口コミを含めておすすめ脱毛器を比較しています。

脱毛器おすすめをランキング形式で紹介していますので、参考にしていただけると幸いです。

\脱毛器 おすすめケノン/

脱毛器ケノン

脱毛器の効果は?

脱毛器の効果を実感できるスピードは、ムダ毛の量や濃さや肌の色(日焼けやシミがあるなど)によっても変わってきますが、使用していくうちに脱毛(ムダ毛が薄くなる)の効果を感じる人は多いです。

もちろん、エステサロンのフラッシュ脱毛や医療脱毛で使用されているレーザー脱毛のような、大きな業務用脱毛器に比べると照射力は抑えられています。

しかし、エステやクリニックに時間とお金をかけて2〜3年通い続ける必要もなく、あなたが納得するまで自宅にいながらセルフで脱毛が出来ちゃうメリットがあるところがポイント。

長い目で見るとコストも抑えられます。

ただ、効果を実感できる時間に個人差があります。

口コミを含めて価格と機能のバランスを重視しながら、長く続けられる家庭用の脱毛器を選んでください。

脱毛器でムダ毛を薄くするコツは、目標を決めて定期的に長く続けることです。

脱毛器の選び方

脱毛器の選び方のコツは、簡単に使えて三日坊主で終わらないような使用性の高さが重要になってきます。

脱毛を効果的に行うには、どのような脱毛器を選べば良いでしょうか。選び方のポイントをお伝えしますね。

使いやすい脱毛器を選ぶ

ケノン ゴールド

家庭用の脱毛器は、都合の良い時間を利用して定期的にムダ毛の脱毛処理を続けていきます。

メンテナンスのしやすさやカートリッジの取り扱い方なども含めて「使いやすさ」で選ぶことも大事です。

照射面積の広い脱毛器を選ぶ

ケノン ブラック

脱毛器は、1回の照射面積が広いタイプのものや、逆に1回の脱毛範囲が小さくピンポイントで脱毛していくタイプがあります。

照射面積が広いと、脇・腕・足(脚)など広範囲を処理しなければいけない時や、全身脱毛するとき、時間の短縮につながり重宝します。

1回のショット面積が広いと、照射回数も少なくすみます。また、射ち漏れや2度射ちのリスクも少なくなりますので、脱毛時間がかからずコスパも良くなります。

メンテナンスが簡単なものを選ぶ

脱毛器を選ぶ上でメンテナンスのしやすさは重要です。

脱毛器のメンテナンスは、ムダ毛の処理後に綿棒やアルコールを染み込ませたテッシュ等で軽く拭き取ることができること。

使用後の脱毛器は、皮脂や体毛の付着で汚れることもあります。

手軽にメンテできる脱毛器であることは、脱毛器を選ぶ上でとても大事です。

ケノン

また、カートリッジを採用した脱毛器なら、カートリッジを本体から取り外してメンテナンスすればOK.

使い方がシンプルだと、初めてでも使いやすすく、メリットも感じやすいので人気があります。

カートリッジの有無や種類で選ぶ

カートリッジ

脱毛器は、取り外し可能なカートリッジ式と一体型があります。

カートリッジ式は、破損したり照射回数を射ち終わったとしても、カートリッジ部分を交換するだけで本体を使い続けることができます。

交換できないタイプの脱毛器は、カートリッジを使い切った後、本体ごと処分しなければならず、新しい脱毛器に買い換える必要が出てきます。

カートリッジは消耗品です。付け替えできるものを選ぶことがコスパ的にも助かります。

また、カートリッジは、ひげ・vio・足・美顔といった部位や毛量、目的に合わせて取り替えできるとこがポイント。

手間をかけず効率よく脱毛するのに、カートリッジ選びは大きな役割を果たします。

その脱毛器は取り替え可能なのかなど、カートリッジの種類を含めてチェックすることも脱毛器の選び方で大切です。

脱毛方法から選ぶ

人気のある脱毛器は、フラッシュ脱毛・レーザー脱毛を採用しています。(ムダ毛を熱でカットするタイプのサーミコン式脱毛器は除く)

2つの脱毛技術

  • フラッシュ脱毛
  • レーザー脱毛
  • 肌への負担や毎回、毎回の脱毛時間を考えると、どの脱毛技術を選ぶかで大きく変わってきます。

    効果・スピード・価格を含めると、照射面積が広く1ショットの単価が安いフラッシュ脱毛器が、家庭用として実用的でおすすめ。

    フラッシュ脱毛器(IPL・光)とは?

    フラッシュ脱毛器ケノン

    フラッシュ脱毛は、エステサロンや家庭用の脱毛器で普及している脱毛法です。

    毛穴から毛根にフラッシュ光線という拡散光を照射し、ムダ毛の発毛機能に働きかけ徐々に薄くしていきます。

    永久脱毛ではありませんが、肌にやさしく痛みが少ないのが特徴です。

    毛穴からメラニン色素に熱で働きかける基本原理は、レーザー脱毛と同じ。

    また、毛穴の引き締め作用も期待でき、美顔専用のカートリッジに付け替えると美顔器として使えるものもあります。

    レーザー脱毛器とは?

    トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

    レーザー脱毛の特徴は、毛穴から黒色に反応するレーザー光線を照射してムダ毛の発毛機能を弱めていきます。

    永久脱毛ではありませんが、フラッシュ脱毛器より照射力は強いとされています。

    しかし、照射面積が小さく広範囲を脱毛するのに手間がかかります。また、痛みが強いという特徴もあり、フラッシュ脱毛より効果を実感する人も多いようです。

    広範囲を脱毛するのには向いていませんが、ピンポイント脱毛にはおすすめです。

     フラッシュ脱毛器レーザー脱毛器
    特徴広範囲を脱毛ピンポイント脱毛
    痛みほとんど感じない強い痛み
    操作性軽くて簡単簡単(一体型で重い)
    カートリッジ部位によって取り替え可能なし
    照射面積広い小さい
    1回の脱毛時間早い時間がかかる
    効果繰り返し照射することで効果が出る比較的早く効果を感じる
    オススメ度★★★★★★★★

    コストパフォーマンスは照射力と照射面積

    脱毛器は多くのメーカーから発売されていますが、価格が安いからという理由だけで選んでは失敗するリスクが高くなります。

    プチプラ脱毛をしたいからといって、安易に安い脱毛器を選ぶのは危険です。(※ プチプラ=プチプライス)

    パワーや照射面積、消耗品でもあるカートリッジを含めたランニングコストを考えて選びたいものです。

    照射力と照射面積がコスパに重要です。

    自宅で脱毛するのに、照射力と照射面積はとても重要です。

    とくに、照射面積が広い脱毛器は、脱毛にかかる時間が短縮され手間がかかりません。長く定期的に使い続けていくにはとても大切。

    「脱毛するのは面倒くさいな〜」と感じる人が、照射面積が小さいものを選ぶと脱毛するのが苦痛になり、次第に使わなくなることもあります。

    ケノン7cm27cm2は全身脱毛に最適です
    ツーピーエス(2PS クリスタル)7cm2大きなカートリッジがあります。(最大9.25cm2 別売)
    ヤーマン レイボーテグランデ12cm2フラッシュ脱毛器最大の照射面積を誇り時間短縮
    トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X直径8㎜小さいがピンポイント脱毛に最適
    光美容エステ(パナソニック)8.3cm2広範囲をカバー
    ラヴィ IPL光エステ脱毛器7.4cm2広範囲をカバー
    ブラウン 光美容器 シルクエキスパート3.0cm2小さい面積の脱毛に最適

    価格以上のコストパフォーマンス

    1万円台から10万円を超える商品まであり、価格はピンキリです。

    安い脱毛器を購入しようと思えば1万円以内のものもありますが、ムダ毛を焼き切るタイプのもので根本的な脱毛にはなりません。

    金額以上のカートリッジを含めたコスパを念頭におきながら選んでいきましょう。

    また、脱毛は1回、2回で終了しません。1年、2年と定期的に使い続けていきます。

    長い期間続けていく場合は、1回あたりにかかる『1ショット単価』が重要になってきます。

    できるだけ、1ショットにかかる単価を抑えられ、照射面積が広い脱毛器を選ぶことが、いかに維持費を安く抑えられるかに重要です。

    照射面積が広いと照射回数が少なくすみ、手間をかけずに簡単に脱毛できますよ。

    例えば、照射面積が7センチcm2の脱毛器なら、顔20~30ショット、両わき6~8ショット、両腕で70~90ショット、vゾーン10~20ショット、ひざ上170~200ショット、ひざ下150~180ショットくらいです。

     フラッシュ脱毛器(1回の脱毛面積7cm2)
    20~30ショット
    両わき5~ 8ショット
    二の腕(左右)20~30ショット
    ひじ下(左右)50ショット
    vライン10~20ショット
    ひざ上(左右)150~200ショット
    ひざ下(左右)150~180ショット

    照射面積が小さいと何度も何度も照射しなければいけず、照射ムラが出やすくまばらになりショット数も増えてしまいます。

    できるだけ、ショット単価が安く照射面積が広い脱毛器を選ぶことがランニングコストを下げるポイントです。

    保証を確認しよう!

    レーザー脱毛器もフラッシュ脱毛器も、直接、肌に触れるものだから熱による火傷の心配があります。

    価格が安いという理由だけで購入を決めてしまうと、出力が強すぎてヤケドの跡が残ってしまったということにもなりかねません。

    実際に、軽い火傷になったという口コミもあります。

    必要以上に価格に惑わされず、安全性を重視することは大事。それと同時に故障したときのアフターフォローの確認も必須です。

    万が一製品が故障したときに、どのような保証内容を受けられるのかを確認しておきましょう。

    購入後の保証を含めたアフターフォローの充実度は、脱毛器の人気の目安にもなります。

    口コミの数や販売実績(売れ続けている年数)をチェックすることも大事です。

    保証は、もしものときのためにあるものです。安心しながら脱毛ライフをおくるために確認しときましょう。

    部位の違いでおすすめ脱毛器

    脱毛器は部位によって得意な脱毛器とそうでないものがあるのか?をお伝えしています。

    脱毛器おすすめ(vio)

    アンダーヘア(vio)を脱毛するには、どの脱毛器を選ぶのかが重要になってきます。

    家庭用の脱毛器でvio脱毛ができる脱毛器は大きく分けると2つあります。

  • (1) vio脱毛できることを公式でアナウンスしている脱毛器
  • (2) io脱毛は自己責任で行う脱毛器
  • どちらを使用しても技術的にvio脱毛はできますが、非常にデリケートなゾーンなので、メーカーも慎重になってしまいます。

    vラインのような剛毛なアンダーヘアの処理には、出力が高いカートリッジを用意している家庭用の脱毛器を選んでください。

    このブログでも紹介しているケノンという脱毛器は、ストロングカートリッジという剛毛専用があり、vラインの脱毛におすすめです。

    公式サイトにvioや脱毛の口コミや効果を伝えてるレビューがありますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

    ↓ケノンへ移動する↓

    脱毛器おすすめ(髭)

    脱毛器でヒゲを処理するのに重要なことは、出力の強い脱毛器を使用すること。

    出力が強い脱毛器は、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器があります。

    レーザー脱毛器は、フラッシュ脱毛器に比べてヒゲ脱毛の効果は期待できますが、痛みが強く途中で挫折する人も。

    フラッシュ脱毛器は、レーザーに比べると出力は抑えられていますが、痛みが少なく1回の脱毛面積が広いため多くの男性が使用しています。

    フラッシュ脱毛器の中でも、カートリッジ の出力が高く照射力の強い脱毛器が髭脱毛におすすめです。

    例えば、ストロングカートリッジという太い毛を処理するために開発されたカートリッジがあります。それを使えるケノンはヒゲ脱毛におすすめです。

    胸毛におすすめ脱毛器

    胸毛は、他のムダ毛と違って生えてるだけで恥ずかしいと感じる男性は多いです。

    できるだけ、自宅でセルフ脱毛をしたいと思ってる男性は多いですよね。

    胸毛におすすめな脱毛器は、1回の照射面積が広い脱毛器を選ぶこと。

    レーザー脱毛器は、照射力はありますが、勝者面積が小さいため胸毛や足、腕など広範囲の脱毛処理に向いていません。

    胸毛の脱毛には、出力が強く広範囲を脱毛できるフラッシュ脱毛器を選んでください。

    ユーザー別おすすめ脱毛器

    脱毛器は、男・女によって選ぶ条件は変わってくるのでしょうか。

    また、学生(中学生・高校生)におすすめな脱毛器はどれが良いのか?をお伝えしています。

    脱毛器おすすめ(女)

    女性の脱毛に求めるのは、効果があり肌に優しく手間がかからない脱毛器です。

    脱毛器にはレーザー脱毛器のトリア、フラッシュ脱毛器のケノンなど、人気の脱毛器があります。

    家庭用の脱毛器として女性におすすめは、フラッシュ脱毛器。

    レーザー脱毛器は、効果を早く実感できるぶん、痛みも強く照射面積が小さいため広範囲を脱毛するような普段遣いとして厳しいかも。(ピンポイント脱毛に向いている。)

    フラッシュ脱毛器(IPL・パルス・光)は、カートリッジを付け替えることにより太い毛を脱毛したり、美顔器として使用することもでき、家庭用として1台持っておくとお得です。

    一度に広範の脱毛が可能で、肌にやさしいです。個人差はありますが、痛みもほとんどありません。(出力レベルを調整できる)

    また、美白や毛穴を引き締める作用も期待できます。(ケノンは美顔用カートリッジがあります。)

    脱毛器おすすめ(男性)

    男性におすすめな脱毛器は、出力が高くヒゲなどの太いムダ毛が脱毛できる照射力の強い脱毛器です。

    照射力が強いといえばレーザー脱毛のトリア。

    レーザー脱毛器のトリアは、フラッシュ脱毛器に比べると照射力が高いと言われていて、髭脱毛の効果を早く感じるそうです。しかし、口コミを見ると、痛みが強く途中で挫折する男性もいます。

    また、レーザー脱毛は照射面積が小さいため、髭脱毛以外のすね毛や腕・胸毛など、全身脱毛は厳しいかも。vioなど小さな部位をピンポイントで脱毛するのに向いています。

    その点、フラッシュ脱毛器は照射面積が広く、男性の身体を脱毛するのに適しています。

    フラッシュ脱毛器の中でもケノンは、太いムダ毛を脱毛するために開発されたストロングカートリッジの付け替えができますので、家庭用脱毛器としてメンズ脱毛におすすめです。

    多くの男性が、メンズ脱毛器として愛用しています。

    学生に脱毛器おすすめ脱毛器(中学生・高校生)

    中学生・高校生におすすめな脱毛器は、1回のショット単価が安く、家族で使用できる脱毛器です。

    中学生や高校生など、未成年(子供)の身体は発達中なので、ムダ毛処理を本格的にスタートするには20歳以上の成人になってからでも遅くありません。

    しかし、カートリッジが取り替えられるケノンなどのフラッシュ脱毛器は、1台購入すれば家族全員で使用することもできコスパも良くおすすめです。

    また、オンラインでの脱毛器の購入は、未成年(中学生・高校生)だけで購入することはできません。

    カートリッジ式のフラッシュ脱毛器なら家族や姉妹、兄弟、カップルで購入する口コミも多く、中学生や高校生でも比較的手に入れやすくおすすめです。

    脱毛器 おすすめ人気ランキング

    人気あるメーカーから発売されている家庭用の脱毛器を紹介します。

    人気・口コミ・評判・効果を含めて価格以上の脱毛価値を提供してくれる家庭用脱毛器を選んでみました。

    脱毛器を購入する前の参考にしていただけると幸いです。

    脱毛器おすすめケノン

    ケノン

    ケノンは、利用者の口コミ・レビュー数が11万件を超えるほど人気があります。脱毛エステより安く脱毛できるということで口コミも評判です。

    ケノンは、付属のカートリッジの照射面積が広く、ヒゲ・脚(足)・腕・ボディ(胸毛・vライン)といった広範囲の脱毛を簡単にしてくれ、忙しい方や初めての方でも安心して使用することができます。

    太いムダ毛(剛毛)を処理するように開発されたストロングカートリッジ、美顔専用カートリッジなど、部位や目的に合わせて選べる多種多様なカートリッジも揃えています。

    肌に触れるカートリッジ部分は、肌にやさしい樹脂を使用しています。

    ケノン プレミアムカートリッジ

    直接金属部分が触れることもありませんので、金属アレルギーの方でも安心して使用できます。

    また、多くの海外製の脱毛器がある中、純日本製の家庭用脱毛器というところもポイント。

    出力や安全面に関する主要パーツをはじめとする部品は、日本の有名企業にケノンオリジナル製品として開発を依頼しています。

    1ショットあたりの単価も安く、エステサロンに通わなくても本格的なプロの脱毛を自宅にいながら好きな時間に行えるところも魅力です。

    敏感な肌の方でも使用できるように調整が可能なっており、多くの女性・男性の方に愛用されてとても人気があります。
    ↓ ↓ ↓

    >>ケノン・詳細を見る

    スキンケアセット

  • 剛毛・ヒゲ・ムダ毛・美顔・エステ・フェイシャル
  • 1ショット単価:0.021円
  • 照射レベル:10段階
  • 照射面積:3.5cm2 × 2cm2
  • カートリッジ:交換式
  • ツーピーエス(2PS クリスタル)

    ツーピーエス(2PS  クリスタル)

    ツーピーエス クリスタルは、照射面積が広く300万発の耐久テストに合格したカートリッジを採用したフラッシュ脱毛器です。

    全身脱毛・デリケートゾーン(vio)脱毛に対応した、本格的な脱毛器。

    脱毛器本体、脱毛カートリッジ、保護用ゴーグル、取扱説明書などが付属されています。

    また、ツーピーエス クリスタル購入後も、1年の保証と専用のサポートスタッフが真摯に対応いたします。

    >>ツーピーエス脱毛器公式サイト



  • VIO・ムダ毛・美顔・スキンケア
  • カートリッジ:交換式
  • ヤーマン レイボーテグランデ

    ヤーマン レイボーテグランデ

    レイボーテグランデは、究極の家庭用脱毛器をコンセプトに、ヤーマン脱毛器史上最高のパフォーマンスを誇るフラッシュ脱毛器です。

    照射面積が家庭用脱毛器の中でも広く、高速照射機能により1回1回のショット時間が短縮され、ストレスなく脱毛できちゃいます。

    他のフラッシュ脱毛器との最大の違いは、太い毛や指の毛をピンポイントでムダ毛を脱毛するレーザープローブがあること。

    本体に接続してレーザーで処理する機器です。光を集中させパワフルさを実現。

    レイボーテグランデ レーザープローブ

  • レーザープローブ別売です。
  • 3つのカートリッジ(ランプ)が付属され、ムダ毛処理だけでなく自宅にいながらエステサロンのようなフェイシャルを体験できます。

    ケノン同様日本人の肌に合わせて開発されており、お手入れが簡単で自宅にいながらプロの脱毛を受けたい人向けの、美顔器機能がついた脱毛器です。

    >>レイボーテグランデ・詳細を見る



  • フェイス・ボディ・ムダ毛・スキンケア・美肌
  • カートリッジ:交換式
  • 照射レベル10段階
  • トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

    トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4X

    トリアは、クリニックで使われているダイオードレーザー技術を家庭用に応用した人気の脱毛器です。

    アメリがの厳しいチェックをクリアした安全性は、直接肌に触れる家庭用の脱毛器として安心して使用することができます。

    トリア・パーソナルレーザー脱毛器は、ダイオードレーザーを応用して、メラニン色素にアプローチし、ムダ毛を根本的に脱毛していきます。

    >>トリア・レーザー脱毛器



  • フェイス・ボディ・ムダ毛・スキンケア・美肌
  • ムダ毛・FDA認可済み・安全性、
  • カートリッジ:なし(一体型)
  • 光美容エステ(パナソニック)

    光美容エステ(パナソニック)

    パナソニックの光美容器 光エステ(ボディ&フェイス用 ピンク調 ES-WP80-P)は、照射面積が広くムダ毛が目立たなくなるだけではなく肌への美容効果も期待できます。

    パワーレベルも5段階あり、初めての方でも使いやすい操作性です。

    また、肌感知センサー内蔵で、肌色に合わせておすすめ出力モードをお知らせします。

    カートリッジ(ランプ)と一体型で取り替えができませんが、30万回の照射回数がありますので、コスパはOK.

  • 照射レベル:5
  • 光エステ ボディ&フェイス用
  • ラヴィ IPL光エステ脱毛器

    ラヴィ IPL光エステ脱毛器

    ラヴィ IPL光エステ脱毛器は、メラニン色素に反応し毛根に働きかけるフラッシュ脱毛器です。

    ワイドな照射面積が特徴で、腕、わき、お腹、vio、脚など全身脱毛にOK.

    IPL特有の美肌へと整えていく美容技術で美顔器としてもお使いいただけます。

    日本人の肌に合わせた日本製のフラッシュ脱毛器。

  • 腕・ワキ・お腹・脚・ムダ毛・vio
  • 5連写機能
  • カートリッジ :交換式
  • ブラウン 光美容器 シルクエキスパート

    ブラウン 光美容器 シルクエキスパート

    ブラウン 光美容器 シルクエキスパート は、肌の調子に合わせて選ぶる4つの照射モードがあります。

    ブラウンならではの品質で、自宅にいながらエステサロンのような光脱毛を実現。

    プレミアム、ベーシックと2つのモデルが用意されています。

  • カートリッジ:なし(一体型)
  • ムダ毛・光脱毛・4つのモード
  •  ケノンツーピーエスレイボーテグランデトリア
    特徴ヒゲ&vラインなど太いムダ毛対応(全身脱毛器)全身&vio対応の全身脱毛器エステサロン並みの家庭用脱毛器ピンポイントで脱毛する
    価格69,800円69,800円108,000円¥54,800
    脱毛法フラッシュ脱毛器フラッシュ脱毛器フラッシュ脱毛器レーザー脱毛器
    製造国日本製(コンデンサーを日立・フィルターをHOYAグループと開発)韓国日本アメリカ
    カートリッジ5種類(剛毛・美顔など)2種類:脱毛&美顔(別売り)4種類(ラージ・スモール・フェイス・クール(別売))なし
    人気愛用者が50万人、レビュー11万件突破新しくなったツーピーエスは多くの人に愛用されています日本人の肌に合わせた高級家庭用脱毛器アメリカで認可を受けたレーザー脱毛器
    オススメ度★★★★★★★★★★★★★★★★

    脱毛器の使い方

    脱毛器の使い方は簡単です。ただし、効果を実感しながら効率よく脱毛するには少しのコツがいります。

    おすすめのフラッシュ脱毛器は、最初のうちは基本的に2週間に1度の頻度で脱毛を行っていきます。

    ムダ毛は脱毛前に軽くカミソリで処理すること。できれば、前日に剃った方が良いですね。ただし、何回も深ぞりをしないこと。軽く剃るのがポイントです。

    また、ワックスやクリームを使ってムダ毛を処理しないでください。

    脱毛前にツルツルになると、毛のメラニン色素に反応させて脱毛を行えなくなります。ある程度ムダ毛を残しておくのがベスト。(前日に剃っておけばOK.)

    初めて使う場合は、照射レベルを最小にして、自分の痛みとの相性を確認しながら徐々に出力をあげていきましょう。

    ホクロや刺青、傷がある場合は直接使用することはできません。

    ホクロや入れ墨、傷がある場合は、ばんそうこうで隠すか、ファンデーションで肌の色に近づけて使用します。

    1回目の脱毛(照射)が終わると、1週間~2週間くらい間を開けて様子を見ながら行います。

    「そろそろ、生えてきそう」というくらいで脱毛すると効率的に脱毛できます。

    脱毛器は安い価格がおすすめ?

    脱毛器の価格は1万~10万超えまでピンキリです。

    価格が10万円を超える商品までありますが、家庭用の脱毛器(フラッシュ脱毛器・レーザー脱毛器)は、エステサロンやクリニックより安く、本格的な脱毛が自宅できるところに魅力があります。

    また、人気のメーカーからいろいろなタイプの脱毛器が発売されていて、いざ購入するとなると価格を比較してしまい迷ってしまうことも。

    しかし、安い脱毛器が必ずしもお得か?というとそうではありません。消耗品を含めたランニングコストなど、価格以上の商品を選びましょう。

    安い価格の脱毛器ではなく、効果があり人気の脱毛器を選ぶのがポイントです。

    価格・効果・人気を考えると何年も売れ続けているケノンの実績は、客観的な評価がありおすすめです。

    メーカー価格付属カートリッジ
    ケノン¥69,800プレミアムカートリッジ
    ツーピーエス¥69,800脱毛カートリッジ
    レイボーテグランデ¥108,000ラージ・スモール・フェイス(3種類)
    トリア¥54,800本体一体型
    光美容エステ(パナソニック)¥47,913ボディ・フェイス・ビキニ(3種類)
    ラヴィ IPL光エステ脱毛器¥ 39,800〜脱毛カートリッジ
    ブラウン 光美容器 シルクエキスパート¥ 46,800本体一体型

    脱毛器おすすめ・まとめ

    家庭用の脱毛器おすすめをランキング形式で紹介してみました。

    脱毛器のメリットは、エステサロンやクリニックより安く本格的なプロの脱毛が自宅にいながらできることです。

    いろいろなメーカーから、効果を実感できる人気の脱毛器が発売されていますが、どれも高い技術力を誇り安心して使用できます。

    おさらいすると、レーザー脱毛器は出力は高いですが、痛みが強く照射面積が小さいためピンポイント向け。(vラインなどにおすすめ)

    フラッシュ脱毛器は、レーザーに比べると出力を抑えられてると言われていますが、1回の照射面積が広く痛みも少なく使いやすいです。

    フラッシュ脱毛器の中でも、剛毛を脱毛するように開発されたストロングカートリッジに付け替えられるケノンはおすすめ。

    脱毛サロンに通う時間がないという男性・女性の方でも・時間を気にすることなく好きなタイミングで納得いくまで脱毛できちゃいます。

    家庭用の脱毛器を活用して、ムダ毛を気にせずに他人の前で裸になれる身体を取り戻しませんか。

    脱毛器ケノン

    タイトルとURLをコピーしました